トップページ

    このサイトではハイラックスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイラックスの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのハイラックスを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。
    1つの買取業者のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、ハイラックス(Hilux)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社までハイラックスの買取査定をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイラックスを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているハイラックスの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、トヨタのハイラックスを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ハイラックスの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に今自分が乗っているハイラックスの階といr相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのハイラックスでも高額買取が実現します。

    最大で10社がトヨタ・ハイラックスの見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたのハイラックスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのハイラックスを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したハイラックスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サービス。
    トヨタ・ハイラックスの買取依頼申し込みをするだけで楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたハイラックスを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で約10社があなたのハイラックスの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    オンラインで自分の車の価値を査定することができますが、それは、どうしても簡易的な方法で導いた金額になっています。

    同様の車種や年式でも車ごとに状態は同じではありませんから、個々の細かい事情を考慮した査定金額は車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    このため、インターネットで前もって得られた相場通りの価格が本当の買取金額になるわけではないので、前もって知っておくと良いでしょう。

    どんな場所にいても時間を選ばずにネットを使って直ぐに自分が所持している車の査定をしてもらえるのが中古車一括査定サイトのメリットの一つですね。

    自分の連絡先や車の情報などを入力することであっと言う間にその車の査定金額をたくさんの会社から教えてもらうことができて、これから売ろうとしている車の現時点での相場を知ることができるのです。

    自分の名前などを記載したくない場合には、無記名で利用できるサイトもあるようです。

    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう少々の傷やへこみ等は、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、あまり気にすることはありません。

    反対に、爪がかかるくらいのキズや明らかにへこみがある場合、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、査定時に減点されるのが回避するために個人で直したとしても自分で出した修理費用より査定金額の方が高くなる事はないのです。

    普段使っている車を売る際は、今度の車の納車日までに日にちがあいてしまうことも考慮しなければいけません。

    家族の車や公共交通機関などで対応できればよいのですが、自動車なしではいられないという人は一時的でも代車の手配をお願いしなければいけません。

    実際、代車の手配はどこの買取り業者でも当然のようにしてくれるわけではないのです。

    あとになって慌てないよう、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、会社ごとに聞いておくと良いでしょう。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。

    最近では買取に伴う相談電話が増え続け、減ることがありません。

    相談例の一部としては、ウェブの一括査定サービスに登録したところ、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。

    悪質な業者に当たったときなどは、冷静な第三者に相談するようにしましょう。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に約10000キロと見積もるのが一般的です。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、10万を超えた車は過走行車と呼ばれてタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化しているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    乗り換えで新しい車を買う際に、これまで乗っていた車はディーラーに下取りに出す人は多いのではないでしょうか。

    車でディーラーに行けば購入の商談中に下取り査定も済んでしまいますから、買取業者を利用するのにくらべると大幅に時間も手間も少ないというメリットがあります。

    ただし、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、中古車屋による買取りの方が高額になる傾向があり、特に「言い値」の下取りでは損をすることも多いです。

    同じ処分するのでも安いと高いでは気分も違います。

    高額査定を期待するのでしたら下取りには出さずに買取業者に査定を依頼しましょう。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    でも車検の有効期限が1年を切ってくるとあまり査定額アップに繋がらず、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに自動車を売る前に車検をすることは無意味といって良いでしょう。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、まずは一括査定サイトなどを使って現物確認なしの仮査定額をチェックします。

    次に現物を業者から派遣された査定士が判定し、車の状態に応じた査定額が決まります。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で業者から売却代の振込があるのが普通です。