トップページ

    このサイトではハイラックスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイラックスの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのハイラックスを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。
    1つの買取業者のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、ハイラックス(Hilux)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社までハイラックスの買取査定をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイラックスを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているハイラックスの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、トヨタのハイラックスを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ハイラックスの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に今自分が乗っているハイラックスの階といr相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのハイラックスでも高額買取が実現します。

    最大で10社がトヨタ・ハイラックスの見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたのハイラックスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのハイラックスを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したハイラックスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サービス。
    トヨタ・ハイラックスの買取依頼申し込みをするだけで楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたハイラックスを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で約10社があなたのハイラックスの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    ちょっとでも自分の車の査定額をアップさせようと思うならば、今すぐにでも売却したいという思いを強く出すことでしょう。

    何となく査定してもらうけども車を実際に手放すのは先になるだろうという相手よりも、価格が折り合えば直ぐに売却可能ですという相手の方が業者にとって有益なのは間違いないでしょう。

    即決の意志があると知ったならば、他社に取られる前にうちで取り引きしてもらおうと査定額をアップしてくれる可能性が高くなります。

    普通は、中古車売買に於いて査定書等の発行はされないことが多く、査定書を望んでも発行してもらえない場合が多いのが現状です。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで詳細な査定金額が明記された証明書が欲しくなったら、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に見積もりをお願いしなければならないでしょう。

    JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、有料での査定になっています。

    また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

    車の買取業者にはそれぞれ特色があり、軽自動車を専門的に扱ったり、輸入車や事故車を扱うなど、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、若しくは専門としている買取業者が存在します。

    一例を挙げると、売りたい車が軽自動車なら、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方が高く見積もってくれることでしょう。

    そういった会社は中古車の無料一括査定サイトを使った際にも、一般的な会社よりも少々高値を提示してくるため、その点で他と判別することができるのです。

    返済が終わっていない状態で車を売却する場合、残債を払ってしまわないと売却できません。

    つまり、完済前の車の所有権はローンを払っている人間ではなくローン会社にあり、実際の所有者名義もローン会社であることが一般的だからです。

    売却にあたっては残りのローンを払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、不可能であれば無理をせず、買取額を使って債務の残りを差し引くというやりかたもあります。

    ただ、それにはローン会社の承認を得ることが大前提となり、残債がないときと比べると手続きは複雑です。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、中古車買取業者に査定に来てもらっても値がつかないで、実質引取りのみなんてことも珍しくありません。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている中古車屋に打診するというのもありです。

    さもなければ買い取ってもらうのはやめて、次に車を購入する時に下取りに出せば、ディーラーとしては先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。

    前の車を中古車買取業者に売却するとすぐ引き取りに来るため、今度の車の納車日までに日にちがあいてしまうことも考慮しなければいけません。

    週末ドライバーならあまり気にならないかもしれませんが、自動車なしではいられないという人は一時的でも代車の手配をお願いしなければいけません。

    しかしながら代車の手配というのは、どこの中古車買取業者でも受けてくれるというものではありません。

    次の車の納車まで間が空きそうなら、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、一社ずつきちんと確認しておかなければなりません。

    勿論のことですが、車を手放して売りに出そうと考えているのならば、凹みやキズなどがあるボディよりも無い方が高く査定されるでしょう。

    いくら傷などがない方が良いからと言っても、素人が直したのでは、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つようなケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

    故意に付けなくても自然に付いてしまうようなとても薄い傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

    自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、無理矢理自分で補修しようとせずに、傷やへこみのあるまま査定に出してしまった方が良い結果を生むことが多いです。

    車を手放そうとするときに、中古車買取業者に出すのとディーラーに下取りに出すのとでは、何を一番に考えるかで変わってきます。

    とにかく簡単に手続きを済ませてしまいたいのならば、勧めたいのはディーラーへの下取りに出す方法です。

    新しい自動車の購入と古い自動車の売却が同時に可能なので、全くといって良いほど手間がかからないのです。

    それに対して、ちょっとでも高く車を買い取ってもらいたいという希望があるならばディーラーよりも中古車買取業者にお願いする方がベストな選択です。

    いくつかの業者に複数の見積もりを出してもらうことで、見積金額を引き上げることも可能になるでしょう。

    自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも売ろうと思えば車を売れないこともありません。

    ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じであるときだけですから、実際には難しいかもしれません。

    所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、完全にローンを返し切るまではローン会社所有の車ということになりますから、返済終了後に所有者の名義を変更してからでないと売れないということになります。

    もし返済中の車を売るのなら、ローン会社から特別に許可を得れば、車の売却益を返済に充当するという条件つきで売ることができます。