トップページ

    このサイトではハイラックスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイラックスの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのハイラックスを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。
    1つの買取業者のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、ハイラックス(Hilux)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社までハイラックスの買取査定をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイラックスを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているハイラックスの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、トヨタのハイラックスを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ハイラックスの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に今自分が乗っているハイラックスの階といr相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのハイラックスでも高額買取が実現します。

    最大で10社がトヨタ・ハイラックスの見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたのハイラックスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのハイラックスを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したハイラックスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サービス。
    トヨタ・ハイラックスの買取依頼申し込みをするだけで楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたハイラックスを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で約10社があなたのハイラックスの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    買取業者などが中古車の査定をする場合に査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと取れませんから、この資格を持っていると言うことは、査定スキルが一定以上のレベルにあるということがうかがえるのです。

    中古車の査定を業者に依頼する際に必要になってくる書類には何があるかというと、自賠責の保険証明書と車検証だけですから、特段、事前に何らかの準備をする必要性はないでしょう。

    売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、それから、印鑑証明書及び自動車税納税証明書等の何枚かの証書が必要になるでしょう。

    新たに転居したり結婚したことで車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには訂正するために幾つか書類の提出を求められますから、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    大企業の中古自動車販売店においては一般大衆に向けた車の査定アプリを売りに出していますが、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    このアプリは、中古車をあまり査定したことがなくてもなるべく査定しやすくなるように開発されたアプリです。

    専用機器とこの業務用アプリを同時に使うことで、今から査定するつもりの車の過去において修理したことがあったかどうかが一発でハッキリする機能が存在するケースが大半ですから凄いですよね。

    車の買取業者から代金が振り込まれるのは、契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    たとえ訪問査定の当日に契約の意思表示をしていても、用意すべき書類が足りないと契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。

    売却代金を早く受け取りたいと思ったら、査定の前に、車を売ると決心した時点で手元の書類を整理し、普通乗用車なら印鑑証明もとっておくとスムースです。

    それと、普通乗用車は軽自動車とは必要書類が違い、実印も必要ですから気をつけましょう。

    国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の不安、疑問、トラブルといった諸問題の相談がきます。

    この何年かは中古車買取業者についての相談は増え続け、減ることがありません。

    内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。

    たちの悪い業者に遭ったり、腑に落ちないことがあれば、契約のトラブル等を専門に受け付けるホットラインなどで相談してみる事がまず第一です。

    見積りの結果に納得して売買契約に署名捺印するとなれば、必要に応じていくつかの書類を整えることになります。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから注意しなければいけません。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとはリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなくよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

    もうすでに自動車を売ってしまっているのに、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除などを通達してくる事があるのです。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば自分の方が非難されるべきですが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば自分に非はないのです。

    どうしても納得いかないときには、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きている旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。

    実車査定で正式な買取額を知りたいなら、自分で業者に車を乗り付けていくか、さもなくばあらかじめ予約した時間に家まで来てもらうやり方とがあります。

    自宅に業者が来ても構わないのであれば、高額査定になりやすいという点で出張査定は売主側にとってはベターと言えます。

    この出張査定をうまく利用すると、一度にたくさんの業者に査定に来てもらえますから、各社とも最大限の見積額を出してきますし、そのおかげで普通に売るよりも高い値段で買い取ってもらえるからです。

    何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書が必要書類と言うことになります。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをする場所が違うことを知っていると良いでしょう。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。