トップページ

    このサイトではハイラックスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイラックスの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのハイラックスを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。
    1つの買取業者のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、ハイラックス(Hilux)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社までハイラックスの買取査定をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイラックスを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているハイラックスの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、トヨタのハイラックスを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ハイラックスの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に今自分が乗っているハイラックスの階といr相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのハイラックスでも高額買取が実現します。

    最大で10社がトヨタ・ハイラックスの見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたのハイラックスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのハイラックスを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したハイラックスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サービス。
    トヨタ・ハイラックスの買取依頼申し込みをするだけで楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたハイラックスを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で約10社があなたのハイラックスの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    一般的に買取業者が中古車を見積もるときに見る点と言ったら、おおまかに説明すると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、車の内部の臭いや汚れの有無、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、最終的にその車の査定金額が決定されるのです。

    大方の業者には当てはまらないことですが、その数は多くないのですが、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。

    その手段の一例としては、査定申し込みの段階で、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、もう連絡も付かなくなってしまうと言う詐欺の手法があるのです。

    一定の手続きを踏むことをしないで何となくせわしく車を引き取ってしまおうとする業者に遭遇したら詐欺を疑った方が良いですね。

    特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、査定時に減額されないことが多いので、それ程気に病む必要はないといえます。

    それとは逆に、触ったときに引っ掛かる程度の傷や大きなへこみがあるケース、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、それを回避するためにたとえ自分で修理しても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。

    古い車を売却してから次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

    週末ドライバーならあまり気にならないかもしれませんが、どうしても車が必要だという人の場合は代車の手配をしないことには車を売ることができません。

    とは言うものの、中古車買取店ならどこでも代車の手配を受けてくれるというものではありません。

    新しい車がいつ納入されるかにもよるでしょうが、必要になりそうなら、一括査定を申し込む時に代車を条件に上げ、会社ごとに聞いておくと良いでしょう。

    国内メーカーの自動車に比べると国外メーカーの車は、買取査定時の値崩れが大きいといわれますがなぜでしょうか。

    外国製の車は国内での流通量が日本車とは比較にならないほど少数で、実績値のメタデータも少なく、仕入れれば売れるというものでもないので査定額も地域や店舗によって差が出やすいのです。

    それでも処分したいと思うのであれば、同じ条件で複数の買取業者に買取り価格の見積りを出してもらうことが有効でしょう。

    車買取では保険などと同じように一括見積りサイトの利用が便利です。

    これならほんの少しの手間と時間だけで複数の買取店の査定額を集めることが可能です。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれども車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、しばしば起こりうる失敗です。

    だからこそ、下取り査定に取りかかる前に、手数料等の有無をいま一度はっきりさせておきましょう。

    査定手数料をとる場合でも買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    最近よく目にするようになったネット上の中古車一括査定サイトは、自動車を売ろうとするときにはかなり便利です。

    中古車の無料一括査定サイトを活用すると途端に売却を勧める電話がひっきりなしにかかってきますが、必要ない買取会社にはもう売ってしまったと嘘をつくことで売却を勧める電話を止めることが可能になります。

    売却しようとしている愛車を高く査定してくれた何社かを選んで、「実査定」に進むようにしたら良いでしょう。

    そうは言っても、見積額の相場よりあまりにも高いような業者は後から難癖を付けて買取価格を下げる可能性があるので要注意です。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、要らなくなった車を手放すのに適した時期というのは存在します。

    車を買いたいと考える人が多くなる時期には同時に買取の相場も高くなります。

    でも、車を売ろうと決心したときが高値で買取りしてもらえそうな時期と大きく離れていたときに、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    売却の時期が遅れれば車の年式はそれに連れて進んでいきます。

    相場が上がったことによって査定額もアップするでしょうが、愛車が型落ちして価値も下がることの方が大きくなることも予想されるからです。

    中古自動車の売却の時には、もし故障しているところがあったらスタッフに言うべきです。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    故障箇所の状態によってはマイナス評価を受けることになりますが、予め修理を依頼してから査定に出すのではかえって得にならないことがほとんどなのです。

    買い取った後でお店側が修理に出すときにかかる費用と個人が修理するために出す費用では、個人で修理に出す方が俄然お金がかかります。

    結局、事前に修理して査定額アップを狙ってもかかった費用分の上乗せは期待できないのですね。